葛飾区新小岩駅前の歯医者早川歯科医院。歯科治療の中で特にオールセラミック(emax)に力を入れています

入れ歯・義歯

医院ブログ

早川歯科旧ブログ

歯医者Q&A

院長インタビュー

ご近所ドクターbook 当院が掲載されています

HOME»  入れ歯・義歯

その入れ歯、口に合っていますか?

入れ歯の具合が悪くてよく食べられない場合は、作り直す必要があります。入れ歯自体に問題があって、歯肉の状態が良好であれば、精密な型を取って正しい技工操作を行えば、いい入れ歯を作ることができます。

歯肉の状態が悪い難症例の場合は、対応できない歯科医もいるため、入れ歯作りを得意としている経験豊富な歯科医にまかせる必要があります。

難症例の場合は骨が吸収して平らになり、歯肉も柔らかいため入れ歯が安定しないので痛みが出ます。

また、長期間、具合の悪い入れ歯を使っていると顎の関節の動きが異常になり、顔や顎の筋肉も本来の動きが失われます。そのリハビリのため仮義歯を作り粘膜調整剤を付与して使用してもらい、数ヶ月かかって入れ歯を完成する必要があります。この仮義歯も2、3回作らなければならないこともありますが、治療に要する期間は不具合の入れ歯を使っていた期間や年齢によります。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には保険でつくるものと自費でつくるものがあり、患者さんに合ったものをお選びいただけます。保険でつくる入れ歯と自費でつくる入れ歯の大きな違いは、選択できる素材の幅。保険でつくる入れ歯がレジン(歯科用プラスチック)しか選べないのに対し、自費でつくる入れ歯であれば、金属や生体シリコンなどさまざまな素材から選択できます。

  保険でつくる入れ歯
自費でつくる入れ歯
使用感
  • 慣れるまで違和感がある
  • しっかり噛めるようになるには十分な調整が必要
  • 会話がしにくいことがある
  • お口に合ったもの、使用状況に合ったものをつくれるので、違和感が少なく装着感がよい
  • しっかり噛める入れ歯ができる
  • 厚くなってしまう
  • 食べ物の温度が伝わりにくい
  • 床を薄くできる
  • 金属製なら、食べ物の温度も感じやすい
製作期間 5回の工程で製作する 精密な型をとったり、仮義歯を作るため十分に時間をかける
見た目 保険の歯を使用 硬質レジンやセラミックの歯を使い自然な感じになる
丈夫さ 割れる場合がある 割れることがない
価格 安価 高価

入れ歯のメリット、教えます!

入れ歯治療は、歯を失ったときに行う補綴(ほてつ)治療のひとつです。補綴治療には、入れ歯の他に、ブリッジやインプラントといった治療法があります。インプラントは外科手術を必要とする治療法。また、ブリッジは両隣の歯を大きく削る必要があるため、どんなケースにも適用できるわけではありません。一方入れ歯は、誰にでも受けていただくことができるメリットの多い治療法です。

身体への負担が少ない

入れ歯治療は、歯型を取ることを基本とする治療法です。どのような症状、どのような身体条件の方でも安心して治療を受けていただけます。

短期間で噛む機能が回復す

>1ヶ月程度で入れ歯が手に入ります。インプラントが早くとも3ヶ月程度かかるのに対し、この短さは大変魅力的です。

ご自身でお手入れできて衛生的

入れ歯は取り外しができますので、毎日丁寧にお手入れすることで、衛生的に保つことが可能です。
 

当院では、新しく入れ歯をつくる場合だけでなく、現在お使いの入れ歯に痛みがある、外れやすい、よく噛めないといったご不満がある場合には調整や修理を承っています。まずは、お使いのものでしっかり噛めるように調整しましょう。他院でつくったものでも、遠慮なくご相談ください。

歯槽膿漏の歯を守る入れ歯

歯槽膿漏の方の歯を長持ちさせる入れ歯があります。

歯槽膿漏の患者さんは歯肉が下がってきているため、全体的に歯が動いてきます。動揺
も限界を超えてきますと、その歯は抜歯しなければなりません。そして歯を抜いたあと
には歯を入れるのですが、通常、欠損部に歯を入れる方法としては入れ歯、ブリッジが
あります。
歯槽膿漏の方はブリッジを入れるのは避けた方が賢明です。動いている歯を土台にして
ブリッジを入れると土台の歯もすぐに動いてきて抜けてしまうからです。
このような歯に対しては取り外しのできる入れ歯を入れるべきです。
 




アセタルという白いバネを使っています。普通の入れ歯は金属のバネを使うためにバネを
かけた歯が動かされて、動揺してくるのですがこの弾力のある白いバネは歯を優しく包み
こんで歯に負担がかからなくなっています。歯槽膿漏の方にぴったりの入れ歯です。
修理もできることから、残っている歯が将来抜けても歯を取り付けることができます。

 

入れ歯のご紹介

部分入れ歯

レジン義歯(保険適用)
概要 人工歯がレジン(歯科用プラスチック)製で、「クラスプ」と呼ばれる金属バネで支える部分入れ歯
メリット
  • 保険が適用できるので安価
  • ほとんどの症例に使用可
デメリット
  • 金属バネが目立つことがある
  • 周囲の歯や支えとする歯に負担がかかる
  • 噛む力が比較的弱い
  • 定期的に調整が必要
金額 保険適用
アセタルクラスプ
概要 バネに特殊な樹脂を使用した部分入れ歯
メリット
  • バネが歯の色に近い白で目立たない
  • 前歯にも使用できる
  • 安全性の高い樹脂を使用
  • 汚れの付着が少ない
  • 現在お使いの部分入れ歯にも取りつけ可能
  • 柔軟性があり、周囲の歯に負担とならない
  • 使用時の疲労感が金属製よりも少ない
デメリット
  • 保険適用できないため比較的高価
金額 22,000~48,000円(税込)
ノンクラスプデンチャー
概要 柔軟性のある樹脂を使用した、金属バネを使わない部分入れ歯
メリット
  • 装着時に違和感が少ない
  • とても軽く、弾力性・耐久性が高い
  • 歯ぐきとの境目が目立ちにくく自然な見た目
  • 金属不使用
デメリット
  • お口の状態によっては使用できない
  • 噛む力はさほど期待できない
  • 定期的につくり直す必要があり費用がかかる
金額 80,000~150,000円(税込)
金属床義歯
概要 床を金属にした部分入れ歯
メリット
  • 床を薄くでき、軽い
  • お口の中で舌の動きを邪魔しない
  • ほとんどの症例に使用可
  • 汚れがつきにくく衛生的
  • 耐久性が高い(割れ・変形が少ない)
  • 食べ物の温度が伝わりやすい
デメリット
  • 保険適用できないため比較的高価
  • 修理が難しい
金額 250,000円(税込)

総入れ歯

レジン義歯(保険適用)
概要 レジン(歯科用プラスチック)製の入れ歯
メリット
  • ほとんどの症例に対応可能
  • できあがるまでの期間が短い(1ヶ月程度)
  • 保険適用で安価
  • 修理が簡単にできる
デメリット
  • 装着時に違和感がある
  • 噛みにくい・喋りづらい
  • 素材の性質から床が厚くなりがち
  • 顎の骨が痩せてくることから、定期的な調整が必要
  • 人によっては嘔吐感を覚えることもある
金額 保険適用
金属床義歯




 
概要 床が金属製の総入れ歯
メリット
  • ほとんどの症例に使用可
  • お口にぴったりと合うものがつくりやすい
  • 床を薄くすることで軽くできる
  • 汚れがつきにくく衛生的
  • 耐久性が高い(割れ・変形が少ない)
  • 食べ物の温度が伝わりやすい
デメリット
  • 保険適用できないため比較的高価
  • 修理が難しい
  • 顎の骨が痩せてくることから、定期的な調整が必要
  • 金属の種類によっては金属アレルギーの心配がある
金額 250,000円~600,000(税込み)
Page Top