葛飾区新小岩駅前の歯医者早川歯科医院。歯科治療の中で特にオールセラミック(emax)に力を入れています

歯周病

医院ブログ

早川歯科旧ブログ

歯医者Q&A

院長インタビュー

ご近所ドクターbook 当院が掲載されています

HOME»  歯周病

 歯周病とは

     30代でも約8割りが歯周病と言われています。
     毎日の歯磨きですべてを取り除くことが難しい歯垢ですが、この
     歯垢が歯肉に炎症を起こし、骨を溶かしてしまうのが歯周病です。
     初期の段階では炎症が歯肉だけに起きている「歯肉炎」ですが、
     進行すると歯を支える歯槽骨などの歯周組織にまで及び、「歯周
     炎」となります。歯肉炎と歯周炎をまとめて「歯周病」と呼ぶの
     ですが、歯周病が進行すると最終的に歯が抜けてしまいます。
     日本人が歯を失う原因の1位は虫歯ではなく、この歯周病なので
     す。

     歯周病は早期発見、早期治療が大事ですので自分で症状をチェック
     し、当てはまるようなことがあれば歯科医院で治療を受けましょう。
     

 1 歯周病の症状

    ・冷たい水がしみる。
    ・歯肉が赤く、腫れて膨らんで見える。
    ・歯肉から血が出る。
    ・歯がグラグラする。
    ・歯が動いているので強くかむと痛い。
            ・歯肉が下がってきて歯が長く見えるようになった。
    ・口が臭いと言われる。(口臭がする)

 2 歯周病の原因

歯周病の原因は歯と歯肉の間にできるポケットの磨き残しです。
この磨き残しはプラークといい、プラークの中にはたくさんの歯周病菌が存在しています。
この細菌が歯槽骨を溶かしはじめ、歯周病になります。

 3 歯周病の治療

初期の歯周病は歯科医院で歯石を取り除くことと、自宅で歯磨きをしっかり行うことで改善します。

進行した歯周病の場合は、外科的に歯肉を切除したり深いポケット の中の歯根 に付いている歯石をとる処置が必要となってきます。

 4 歯周病の予防

 
歯周病は夜寝ている時間に最も進行します。
そのため寝る前にしっかり歯を磨くことが重要です。また朝起きたときは
1番口の中に細菌が多く存在します。そのため、朝と夜の歯磨きは重要な
ことです。

プラークは唾液と結びつき歯石になります。歯石は歯磨きでは取ることが
できません。
そのため、定期的に歯科医院で超音波スケーラーを使って取り除かなけれ
ばなりません。
Page Top