葛飾区新小岩駅前の歯医者早川歯科医院。歯科治療の中で特にオールセラミック(emax)に力を入れています

歯医者Q&A

医院ブログ

早川歯科旧ブログ

歯医者Q&A

院長インタビュー

ご近所ドクターbook 当院が掲載されています

HOME»  歯医者Q&A

日頃感じている歯医者の疑問にお答えします!

歯科治療時に疑問に思うことがあっても、なんとなく聞けずに治療を終えられる患者さんも少なくないようです。当院では、患者さんになんでもおたずねいただきたいと考えていますので、気になることがありましたら些細なことでも結構ですのでお気軽にご相談ください。以下では、患者さんからよく寄せられる、歯科治療やお口のトラブルへの疑問についてお答えいたします。

 

奥歯の抜髄をして被せ物を入れるのですがメタルボンドとジルコニアはどちらがいいのでしょうか?

 

どちらが1番いいということはありません。料金はメタルボンドのほうが高いと思います。特に技工士さんの中にはマージンを金属で持ってくるのを好む人がいます。金属の方が薄くでき舌側の適合がいいからですが、頬側は厚みがあり適合は悪くなります。ジルコニアは金属よりも適合性が歯科医と技工所に左右され難しいと言えます。また、今の時代はメタルフリーの点から素材を決める患者さんが多くメタルボンドは年々減りつつあります。メタルボンドは金属の上にセラミックを盛るための厚みを十分取るために、土台は小さめにします。ジルコニアの方が色の選択を間違えなければいい色が出るはずです。あなたが何を重視するかによって結論が出ると思います。

 

毎日歯みがきをしているのになぜむし歯になるんですか?

歯みがきでは、歯の表面だけでなく、歯と歯の間、歯の溝など細部までキレイにみがくことが大切です。こういったところの汚れが落とせてないことから、むし歯になってしまうことがあるのです。また、患者さんそれぞれのお口の状況にもよりますが、みがきにくい歯並びであることも原因として考えられます。歯並びが悪いと、毎日のセルフケアだけでは行き届かないこともあるのです。当院では、適切な歯みがきの仕方についてのアドバイスや、専門家の手によるクリーニングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

なぜ1本の歯の治療で何回も通うの?

自費診療であれば、歯科医院の方針によって治療回数も調整できますが、保険診療の場合は、1回で行える治療の内容に制限があります。そのため、何回かに分けてご来院いただくことになるのです。また、詰めもの・被せものといった歯科技工物は、お口に装着した後、噛み合わせがきちんとしているか確認する必要があります。これは1回で判断できるものではないため、使っていただきながらすり減り具合などを確認し、適切に調整する必要があるのです。

                                                 歯の治療は何回かかるのか

 

どの歯ブラシや歯みがき粉を使うのがいいんですか?

歯ブラシ
柄の部分が適度にカーブし、お口の奥まで届きやすいものがよいでしょう。
ブラシ部分
毛先が細かく、奥歯までしっかり当たるものがおすすめです。
歯みがき粉
歯周病を防ぐ効果のあるものが登場しています。歯周病は症状がなくとも予備軍の方が多いので、予防の意味でも、こういった歯みがき粉を取り入れてみるとよいですね。

差し歯とインプラントの違いってなんですか?

大きな違いは、歯の根がご自身のものであるか、人工歯根(インプラント)であるかということです。差し歯は、根管治療(歯の内部をきれいにし根を残す治療)をして内部に芯を入れた後、人工歯が取りつけられます。一方インプラントは、顎の骨に直接チタン(金属)製の歯根を埋め込み、その上から人工歯が取りつけられるのです。なお、差し歯が保険診療で治療できるのに対し、インプラントは自費での診療となります。

Page Top