葛飾区新小岩駅前の歯医者早川歯科医院。歯科治療の中で特にオールセラミック(emax)に力を入れています

院長インタビュー

医院ブログ

早川歯科旧ブログ

歯医者Q&A

院長インタビュー

ご近所ドクターbook 当院が掲載されています

HOME»  ¥

院長インタビュー

新小岩駅前で40年にわたり診療を続ける早川歯科医院。長年地域の皆様のお口の健康を守り続けている早川院長にお話をうかがってみました。

治療の際に気をつけていることやこだわりを教えてください。

患者さんに症状や感覚をしっかり伝えてもらえるよう、緊張させないことを第一に考えています。お口の中の感覚は患者さん自身にしかわかりませんので、余計なプレッシャーをかけないように気をつけているわけです。治療中は、患者さんのまぶたの動きなど細かいところまでよく観察して、痛がっているかどうかを判断しています。患者さんから目を離さないように心がけているため、麻酔時の緊張から起こる貧血などによる治療中止は開業以来起きたことがありません。適切な対応を 取ることによって容態は好転します。
特に、初診時の患者さんは治療の椅子に座っているときは緊張しているものです。威圧感を与えないような指導をスタッフにもしています。

それから、私のこだわりは入れ歯づくりです。下の入れ歯が痛いとか、うまく食べられないとの場合でも、原因は上の入れ歯との噛み合わせにあることがあります。食べ物を噛むということは、顎関節の動きでありますから顎の動きを考慮して治療方針を立てることが大事です。

入れ歯に力を入れている理由を教えてください。

子どもの頃から、父が入れ歯づくりをしていたのを見ながら育ちました。夜に父が技工をやっているのを側に立って見ているのですが、明治生まれの父でもあり寡黙でした。たまに独り言のように言っていた言葉を今でも思い出します。「(入れ歯の奥歯は)陶歯とレジン歯では噛み具合は陶歯の方がいい。」「(クラスプの)レストは少し隙間を作った方が噛んで沈んだ時にぴったりくる」などと、今思うと、なるほどと納得します。

歯科医師となってからは歯科の分野で技術の差が1番出るのは何かと考えた結果、入れ歯の達人になることに目標を置きました。入れ歯というものはそれを使用する患者さん自身が評価を出すことができます。前の入れ歯より今度作った入れ歯のほうが痛みもなく、よく食べられる、とかこの入れ歯はだめで、こっちの入れ歯のほうが具合がいい、といったふうにです。いい仕事をしてそれを評価していただく、入れ歯作りと
いうのはそう言った意味でやりがいのある仕事です。  

私の入れ歯作りに関するブログです。

 今日の入れ歯
 入れ歯の型取り
 

 

日々診療なさっていてどんなことをお感じになっているのでしょうか。

患者さんがいっていること、感じていることは、ほぼ正しいと思っています。どんなにその人の気持ちを考えたとしても、ご本人の痛みや苦しさはわからない。医療に従事する者としてできることは、患者さん自身の気持ちに真摯に耳を傾け、信じることだと考えています。

患者さんが結果に本当に満足していれば、悪いことは言わないはずです。できたものが上手く噛めないとか、差し歯の色に満足していない場合はその通りなのです。もうちょっと調整するとか、作り直せばいいことだと思っています。面倒だからといってごまかしたり、言い訳をしても患者さんには見透かされているわけです。患者さんに満足して
帰っていただくことが私の喜びでもあります。
 

Page Top