葛飾区新小岩駅前の歯医者早川歯科医院。歯科治療の中で特にオールセラミック(emax)に力を入れています

一般歯科

医院ブログ

早川歯科旧ブログ

歯医者Q&A

院長インタビュー

ご近所ドクターbook 当院が掲載されています

HOME»  一般歯科

なぜむし歯になるかご存知ですか?

むし歯菌の出す酸によって、歯の表面のエナメル質から溶かされていく病気がむし歯です。初めのうちは痛みなどの自覚症状はほとんどありませんが、進行するにつれ、冷たい物がしみたり、ズキズキと痛んだりしてきます。

むし歯になる4つの要素

むし歯のなりやすさには、次の4つの要素が複雑に関係しています。

むし歯にならないためには、食後30分以内にお口の中から糖分を除去することが大切。さらに、定期検診に通ってメンテナンスを受ける、フッ素塗布などの予防処置で歯の質の抵抗力を高めておくことで、むし歯になるのを防ぐことができます。

むし歯はこうやって進行します!

段階 C0 C1 C2 C3 C4
 
状態 歯の表面が溶かされ、白濁している状態です。ごく初期のむし歯といえます。 エナメル質が溶かされています。患部が黒ずんで見えます。しみることはありますが、痛みはほとんどありません。 エナメル質が溶かされ、内側の象牙質までむし歯が進行しています。食べ物がしみたり、痛みが出たりし始めます。 神経までむし歯に冒されています。なにもしていないのに激しい痛みを覚えたり、温かい物がしみたりといった症状があります。 歯がほとんど溶かされている状態。すでに神経が死んでいるため、痛みは感じません。膿がたまり始めると、痛みが再び出ます。
治療法 丁寧な歯みがきをしたり、フッ素を塗布したりすることで、治ることがあります。 歯を削ってレジン(歯科用プラスチック)を詰める処置が必要。 むし歯菌に侵された部分を削って、詰めものをする必要があります。 神経を取り除く根管治療が必要。内部をキレイにして薬を詰め、被せもので歯を保護します。 ここまで達すると、ほとんどのケースで歯を失ってしまいます。入れ歯やインプラント、ブリッジといった補綴(ほてつ)治療が必要です。

一度進行したむし歯は自然に治癒しませんし、削った歯は二度と元には戻りません。むし歯かな?と思う症状があれば、早めに治療することが大切です。気になる症状があれば、当院までご相談ください。

歯がしみる場合は知覚過敏の可能性があります

むし歯ではないのに歯がしみる症状があるのなら、知覚過敏が疑われます。知覚過敏は、歯の表面のエナメル質が薄くなり、象牙質にある象牙細管から刺激が神経へ伝わりやすくなっている状態。歯周病で歯ぐきが下がって、エナメル質がない歯根部分が露出しても起こります。他に原因として考えられるのは、強い噛みしめや歯ぎしりで歯がすり減ってしまうことなどもあります。原因や症状によって、治療法は異なります。しみる症状があれば、早めに当院へご相談ください。

Page Top