葛飾区新小岩駅前の歯医者早川歯科医院。歯科治療の中で特にオールセラミック(emax)に力を入れています

医院ブログ

医院ブログ

早川歯科旧ブログ

歯医者Q&A

院長インタビュー

ご近所ドクターbook 当院が掲載されています

HOME»  新小岩 早川歯科ブログ

新小岩 早川歯科ブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3

オールセラミックで白い歯



 タバコのヤニで黒くなった全部の歯を白く被せました。
この写真は上の全部と下の奥歯を白く被せた後の写真で下の前歯6本をこれから被せるところです。
タバコを吸う患者さんで治療前は全部の歯が下の前歯のように黒くタバコのヤニがついていました。




セラミックで白い歯



上下ともブリッジを含んでいました。金属を使わないブリッジはジルコニアしかありません。
奥歯は強度を考えてジルコニア単体に色を塗る作り方、前歯はレイヤリング法というジルコニアの上にセラミックを盛って自然な色を出す方法で作りました。
ブリッジ以外はジルコニアではなくオールセラミックの方が自然な色が出るのですが、色を統一するために全部ジルコニアにしました。
問題はここからで、下の前歯をどうするかです。
口の中で1番細い歯なのですがジルコニアにするとスキャナーで計測するために歯を細く削る必要があります。
そのために歯の寿命が短くなります。




CAD CAMだとこのように細く削る


また、歯が細く上の前歯のようにレイヤリングする厚みがないのでジルコニア単体では色に不安があります。
そこでこの6本はCAD CAMではなく、薄く作ることができるemaxプレス法で作りました。




セラミックで白い歯


ジルコニアよりemax(オールセラミック)の方が色は本物に近くなります。
インゴットの選択では迷っていたのですがMT A1に決めました。
HTインゴットでは中の歯が黒いので透けてしまうし、MO,LTではジルコニアのような色になってしまうのでMTインゴットにしたのです。



    料金は       ジルコニア 8万円
        emax    6万円です。(いずれも税込み)



                        
GACKTのような白い歯です。→ 真っ白い歯







 

2019-06-25 08:19:23

コメント(0)

折りたたむ

口腔内スキャナー保険適用か

口腔内スキャナーの保険適用が来年の改正時に現実味を帯びてきた。

型を取らなくてもいいスキャナーは補綴物、歯列矯正に使われている。
アメリカやドイツでも15%ぐらいの普及率、日本では4%ぐらい。
メーカーではセレック、3ShapeがあるがGCが白黒の廉価版の発売を行うとの
情報もある。
保険導入最初は1社だけという事も有り得る。そうなるといつもと同じくGCか。

保険導入になれば歯科医院の購入はかなり増えると思われるが、まだまだ高額なた
め投資対効果に見合わない歯科医院は多い。
また、対応できる技工所がどのくらいあるのか心配である。
特にオープンシステムの場合どうなるのだろう。

個人的には入れ歯への応用に期待したい。
型を取る材料は粘膜を押している(ダイナミック印象は意味が違う)わけだから変形し
ている。スキャナーは無圧なので総入れ歯の方には朗報である。
とんでもないいい入れ歯が作れる可能性があるのではないか。



 

2019-06-20 17:18:47

コメント(0)

折りたたむ

なぜ入れ歯は割れるのか



レジンのみで出来た入れ歯は割れることがあります。割れないようにするには厚く作ればいいのですが舌感が悪くなります。

部分入れ歯の場合は残っている歯がだんだん上に伸びて来る為、反対側の歯肉にぶつかってしまいます。特に下の前歯は最後まで残っていることが多く、若い時に比べて下の前歯が上に伸びてきます。入れ歯のこの部分は薄くしなければならないのでそこから割れてしまうのです。

又、総入れ歯で強度を考えて厚めに作ったときに異和感を感じ、薄く削ってくれと言う患者さんがよくいます。割れる可能性を説明するとそれでもいい、と言う人がいます。
その結果割れるのですがそれを修理すると強度はもっと弱くなってしまいます。

割れた場合は補強線(金属の針金)を入れると丈夫になるのですが今は保険では出来ません。
割れない入れ歯は金属床しかなく、薄く作ることもでき圧倒的に異和感が少なくなります。
この金属床は製作する技工士の技術によって出来上がりがかなり左右されます。






       金属床の入れ歯







 

2019-05-04 07:26:04

コメント(0)

折りたたむ

舌癌の早期発見





口の中にできる癌で1番多いのが舌癌です。私の今までの臨床経験では7名の方に口腔癌がありましたが、その中で6名が舌癌でした。先月にも昔からの当院の患者さんが舌が痛いとのことで来院されました。
傷が去年の10月から治らなく、初診時の視診で悪性が強く疑われたため、大学病院に紹介したところ扁平上皮癌とのことでした。

口腔癌は全身にできる癌の中でも肉眼で発見できる癌ですが、初期に治療を行えば100パーセント治癒します。
傷に気が付いてから半年以上放っておくとリンパ節に転移してしまう可能性があります。

口の中にできる傷や潰瘍と似ているものにアフタ性口内炎がありますが、口内炎は1週間ぐらいで自然に治ります。2週間経っても傷が治らないときはアフタではありませんので歯科医院で診てもらった方が賢明です。

入れ歯や被せ物による処置をすれば治る傷と悪性(舌癌)の傷の違いは経験豊富な歯科医師が見ればわかります。
この経験豊富な歯科医師ということについてどういうことなのかを説明します。
通常、口の中にできる傷は入れ歯等が強くあたったり、それらの尖っている部分が粘膜にあたることによりできます。それらの傷を毎日、何十年も見続けていることにより何年かに1度出会ったがんを見て微妙な違いがわかるのです。
単なる炎症を何千と見ているからこそ表皮の増殖の異常に気がつくわけです。


堀ちえみさんの件でテレビの解説者に対して炎上しています。
しっかりがんを見抜け、それは無理だ、ということなのですが、口腔がんについてが論じられていません。どうして半年も経過したのか、悪性の可能性は全然疑わなかったのか、組織検査をどうしてしなかったのか、また患者さんとの信頼関係はどうだったのでしょうか。
唯一担当医の弁護をするとしたら視診で全然悪性を疑われないような普通とは違った特殊な見え方のがんだったのか。果たしてそんなのがあるのだろうか。
確かに初期の場合ははっきりしないのですが通常は白い膜が張ったような口内炎とは違った独特な傷が見られます。

また、堀ちえみさんは韓国の美容整形に頻繁に通っていたらしくレーザー照射がどうだったのかという記事もありました。

よくちょっとした小さな傷でも癌ではないですかと聞いてくる心配性の患者さんはいます。
その反対に、自分のことを医者嫌いと豪語して我慢している人もいますがそんなことをしていると手遅れになってしまいます。







 

2019-02-19 22:36:57

コメント(0)

折りたたむ

真っ白い歯

 

真っ白い歯にしたいとの男性の患者さんが来院されました。
e-maxのブリーチング色の1番白いBL1を使用し、土台が黒いのでセメントは1番白いブリーチング色を使用しました。
深部に白さを持って来ないと自宅に戻って見た場合に、全然白くない、とがっかりすることがあるのです。

インゴットBL1単体にグレーズ(表面のツヤのこと)を多めに出し綺麗に見せましたが、よく見る変な白さではありません。


 
 


 e-maxの1番白いブリーチング色BL1を出すためのインゴットは、
HO0、 MO0、  LT BL1,  HT  BL1  があります。


 


 厚さが薄いので黒ずんで見えますが、左の2つは透明感がほとんどなく不自然な感じです。

このまま使えるのはLTとHTです。
この患者さんには HT  BL1を使用しました。

 


 

HTは LTより透明感があり、GACKTが HT, 清原が LT,かMOに近い感じがします。
もっと白くするのであればMO 0にBLのエナメルかClearを盛るといいでしょう。やってみたいです。

先端部にブリーチングのエナメルを盛って透明感を出そうかと迷っていたのですが、患者さんと話し会って白いほうがいいとのことで一発で仕上げました。

ここまで白さを強調しなくてもいい、もっと自然に、という場合は先端部分を透明感のある材料で置き換えると上品な感じに仕上がります。女性にはお勧めです。


 これはクラウンですが、ラミネートベニアという表面だけ貼り付けるやり方もあります。表面をほんの少しだけ削るのですが、裏側は自分の歯の色のままであり、十分な厚みがないと白色感が出ません。大体、これだけ白くしたいという完璧主義の人は見えないからといって、裏側が茶色である状態を受け入れません。歯科医はクラウンもベニアも同じような感覚でやっていますが、患者さんにとっては裏がどうなっているのかは、すごく大事なことです。ジルコニアの出始めの頃、裏がピンク色の真珠のようなのを嘆いている患者さんのことを知ってから、より患者さんの気持ちに敏感になりました。


 色の違いを出すために、下の歯を治す前の写真です。

一般的に被せ物はもっこりしてしまうのですが、その形がまた不自然な感じを与えてしまいます。

そこで、削る前の歯の型を取り、模型を作って参考にし、削る前の歯と同じ形にします。

 

真っ白い歯



 28本全部、白くします。
こんな真っ白い歯も自分を強くアピールするためには有効だと思います。
未来に向かっての強い意思を感じさせ、魅力的に見えるのでは。

 白い歯、関連記事です。→ オールセラミックで白い歯

                                emax       インゴットの選択  


 


 


 

2018-10-26 00:25:35

コメント(0)

折りたたむ

小さな入れ歯


1番後ろの奥歯と2番目の奥歯の2本が欠損している
入れ歯です。

保険の入れ歯だともっと大きく作らないと安定しない
のですが、ノンクラスプの入れ歯だとこのように小さ
くすることができます。

















これ以外にも費用をかければ別の入れ歯もあるのですが
10万円以内で作るのにはこの形が1番おすすめです。









 

2018-09-16 23:06:28

コメント(0)

折りたたむ

金属を使わない入れ歯



ノンクラスプデンチャーという金属のバネを使わない入れ歯です。

噛んだ時、入れ歯が沈んで痛みが出ないようにレストという爪だ

けは金属を使うのですが、それもジルコニアで作っています。

この部分は見えないのですが金属を全然使いたくないという方には

おすすめです。












新しい材料を使った従来はなかった入れ歯です。


この症例は奥歯が1本欠損しているのですが、このような
場合、ほとんどの患者さんはブリッジを希望します。
入れ歯というと年寄りくさいということで嫌われるのです
が、この患者さんは自分の歯は削りたくないということで、
入れ歯にしました。正しい判断です。
入れ歯が嫌われる理由は、固定ではなく取り外しという
ことにあるのですが、外せるということは歯と入れ歯を
綺麗に磨いて清潔を保てるという最大の利点があるの
です。ブリッジの場合は隙間に細かい食べかすがいつ
も入ったままなのです。

という事で、歯科医の私が同じ立場であったら入れ歯を入
れます。
ブリッジやインプラントにすると食べ物がつまりやすく
なって、虫歯や歯肉炎になるのです。
歯科医自身でも完全に清掃するのはかなり困難であると
思っているのですから患者さんの場合はもっと困難です。
それからもっと大きな理由は自分の技術であれば、ぴった
り合った入れ歯を作れるからです。









 

 






 

2018-06-30 21:57:28

コメント(0)

折りたたむ

しっかり噛む為の入れ歯は金属床





下の部分入れ歯の形でよくあるのが前歯だけ残っていて、奥歯が欠損の入れ歯です。

この奥歯の部分の歯肉は何十年も経つとこのように骨が下がってきます。

歯肉が滑り台のようになっているため、噛み締めた時には入れ歯が後方にズレるよう

な力が加わります。

それを防ぐにはバネを強固に作り、噛んだ時の力にビクともしないことが大事なこと

です。








これは金属床(きんぞくしょう)という入れ歯です。金属の部分はワンピースです。







ここまで骨が下がってしまうと難症例にあたり、この金属床の入れ歯以外

には考えられません。



 仮義歯によるダイナミック印象だが鉤歯の印象も取るのにはテクニックを要する。


この患者さんは私の知り合いの方ですが、前に上を金属床で作りました。

自分でもよく言っているのですが、歯にはあまりお金をかけないそうです。

奥さんは、あなたは歯にはお金をかけないわね と言っているそうですが

今回はもっと早く下も金属床にすればよかったと思っているはずです。


なにしろ昔から、ツタヤで借りたDVDを見ながらスルメをかじっているそ

うですから。

















 

2018-06-06 22:24:06

コメント(0)

折りたたむ

セラミックで歯列矯正






以前、弟さんが当院でオールセラミックを入れたとのことです。お姉さんが歯並

びを直したいとの主訴で来院されました。

矯正専門医の受診を勧めたのですが、歯の色も白くしたいとのことでセラミック

の治療を希望されました。前歯上下6本ずつ合計12本です。












上の6本が終わった状態です。

次から下の6本を治療します。

emaxのインゴットはHT  BL2を使用。歯の先端に何色か混ぜたのですが、

何もしない方がいいのか迷う所です。一般的には1色だけが多いのですが

無機質で人工的な感じがします。

自分の歯よりかなり白いです。初めはBL3にしたのですが患者さんの希望で

部分的にBL2にしました。歯の長さも希望があり修正しました。この状態と

下の6本を直した後では上の歯の長さをどのくらいにしたらいいか微妙に

変わってくるので神経を使うところです。













 

2018-04-18 23:18:10

コメント(0)

折りたたむ

今日の治療

 

右下の親知らずの抜歯を行いました。

歯の状態は骨の中で横になって前の歯にくっついているため、削って2つに分割して抜去します。

2つにしてから頭の部分を取れば普通は根は割と簡単に取れて終了となるのですが、今日の場合は

根の部分がビクともしません。色々な角度から削って隙間を作り、歯を動かそうとするのですが

ビクともしません。この時点でいつもと違うことに気づき焦りが出ます。このまま続けても好転し

ないという自分のジンクスが経験的にあって、どうするのかというとそれまで手伝ってくれた助手

を交代します。ここまで時間も経ってるし、少しでも疲れが出てくると反応が悪くなってくるので、

そちらにを気を取られて事故が起きる可能性があるからです。一瞬のミスで舌や頬粘膜を切ってし

まう恐れがあるのです。2人での共同作業を神経を集中して続けていると相手の反応の乱れには気

づくものです。患者さんも急に舌を動かすこともあり、瞬時に避けるのですが冷やっとする時もあ

ります。

そして口をゆすいでもらって手を洗って呼吸を整えると、不思議と次の処置で簡単に抜けるのです。






取った根を見たらなんと3根もありました。親知らずの根は割と簡単に取れるのですが、

親知らずの、こんな広がった3根は初めて見ました。



と思っていたら、

午後の患者さんです。5番が回転して綺麗に並んでいます。



どうしてこうなったのかの謎解きは興味があるがわかりません。

今日は変わった歯の日でした。










 

2017-11-16 23:34:17

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
Page Top