葛飾区新小岩駅前の歯医者早川歯科医院。歯科治療の中で特にオールセラミック(emax)に力を入れています

医院ブログ

医院ブログ

早川歯科旧ブログ

歯医者Q&A

院長インタビュー

ご近所ドクターbook 当院が掲載されています

HOME»  新小岩 早川歯科ブログ»  一般»  クラシックギターの甘い音色

クラシックギターの甘い音色

クラシックギターの甘い音色


ネットで調べ物をしていたら次のようなブログに遭遇しました。
 


『私は生まれつき歯が弱く,結構な大工事を経験してきました.
このところ忙しさにかまけて検査に行っていなかったのですが,2年ぶりに行ったところとんでもない虫歯が..
この歳になると慣れっこなわけですが,今回は神経まで到達していたそうで,麻酔を打っての治療となってしまいました.
約1時間.
大変な工事が一段落したところで次回に繰り越し.
まだ麻酔が取れていないので妙な感じでしたが,そのまま約1時間半後にようやく麻酔が取れたようなので夕食をとりました.
しかし,口の中で何かチクチクするので取り出してみると,なんとこんなものが.


5.jpg


直径約1.2mm,長さは4mmほどの小さな棒状のものが出てきました.
よく見ると,何か刃が切られているような感じ.
もしかして...
顕微鏡で撮影した写真です.


1.jpg2.jpg

先端には鋭い刃が.
横には斜めに切られたドリルの刃のようなもの.

反対側はぱきっと折れた感じ.
断面の形がそれらしさを物語っています.

3.jpg


これは,あのキュイ~ンという音を発する歯医者のシンボルのような掘削道具,エアタービンってやつの先端部分のようです.
折れちゃったんですかね.
弱いくせに頑固な歯なんでしょうか.

来週,また行ってきます.
これは返してきます.
こわ.』



このドリルは除去用バーといって金属を外す時に使う物です。削る時の振動が
大きく患者さんは苦痛と恐怖で顔を歪めるのですが、歯科医の方も粘膜を傷つけ
たら大変ですから神経を使う作業です。削っている最中に急に顔を振る人がいま
すから。


このブログにたどり着いた経路ですが、クラシックギターに関して調べていたと
ころ、あるギターの演奏に出会いました。その音が自分で出したい音だったので
興味がわき、その方のブログを調べていたらこの記事に出会ったのです。
クラシックギターの音はこうじゃなくては。
そのブログでいい音を聞いて下さい。




 



もう1つ、私の尊敬するギタリストのEdson Lopesさんです。














 

2020-03-06 23:31:27

一般   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
Page Top