葛飾区新小岩駅前の歯医者早川歯科医院。歯科治療の中で特にオールセラミック(emax)に力を入れています

医院ブログ

医院ブログ

早川歯科旧ブログ

歯医者Q&A

院長インタビュー

ご近所ドクターbook 当院が掲載されています

HOME»  新小岩 早川歯科ブログ»  入れ歯»  ノンクラスプ入れ歯

ノンクラスプ入れ歯

ノンクラスプ入れ歯



金属の見えない部分入れ歯です。入れ歯にあるバネをクラスプといいます。クラスプがないのでノンクラスプといいます。
上と、下の2つを希望して来院されました患者さんです。


  
  右上1本欠損。 

当院で半年前に作ったのですが紛失したとのことで又作りました。前の入れ歯には、ある程度納得してくださっていると勝手に解釈。ということで技工士さんには、「前のと比べて今度はよくないと感じられてはまずいのでバッチリお願いします」と頼みました。







左下奥歯2本欠損です。

この形の入れ歯は作るのが大変難しいく、もっと大きくして安定させるケースが普通です。たまに使っている患者さんがいてうまく噛めているのか気になってチェックしますが100点満点のものにはまずお目にかかれません。でもうまく作った場合は素晴らしい入れ歯でおすすめですが、見えない部分には動かないように金属を使い、がっちりした構造にしなければだめです。どうしても患者さんの見た目だけの要求に応じてしまいがちですが、うまく食べられなければ結局は満足していただけません。

この患者さんは他医院でノンクラスプを作ったとのことですがこれも紛失したとのことです。
これも、技工士さんには「よそで作った前の入れ歯との違いがわかるので、うちの方がうまいと思ってもらえるようにバッチリお願いします」。(期待76%、不安24%)




 
保険の入れ歯ですともっと大きな形になり、舌が真ん中の部分に当たるので邪魔になります。


これらの入れ歯は作るのが難しく、運悪く経験の少ない技工士に当たると患者さんがかわいそうな結果になります。
当院でお願いしているのは入れ歯だけしか作らない技工士さんで三十年ぐらいお世話になっています。こちらの入れ歯作りに対する情熱を感じてくれています。
これらの2つは来週入れる予定ですが模型上の感触は「バッチリ」です。気合いを入れてくれたのを感じました。
気合いを入れていいものを作ることができるというのが実力です。感謝。





 

2021-03-06 22:10:37

入れ歯   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
Page Top