職人気質の院長が治療も作製も手がける早川歯科医院のなぜ入れ歯は割れるのかブログ(入れ歯)一覧です。

なぜ入れ歯は割れるのか

Blog

レジンのみで出来た入れ歯は割れることがあります。割れないようにするには厚く作ればいいのですが舌感が悪くなります。

部分入れ歯の場合は残っている歯がだんだん上に伸びて来る為、反対側の歯肉にぶつかってしまいます。特に下の前歯は最後まで残っていることが多く、若い時に比べて下の前歯が上に伸びてきます。入れ歯のこの部分は薄くしなければならないのでそこから割れてしまうのです。

又、総入れ歯で強度を考えて厚めに作ったときに異和感を感じ、薄く削ってくれと言う患者さんがよくいます。割れる可能性を説明するとそれでもいい、と言う人がいます。その結果割れるのですがそれを修理すると強度はもっと弱くなってしまいます。

割れた場合は補強線(金属の針金)を入れると丈夫になるのですが今は保険では出来ません。
割れない入れ歯は金属床しかなく、薄く作ることもでき圧倒的に異和感が少なくなります。
この金属床は製作する技工士の技術によって出来上がりがかなり左右されます。

 

金属床の入れ歯
金属床の入れ歯

投稿記事一覧