職人気質の院長が治療も作製も手がける早川歯科医院の真っ白い歯 セラミックブログ(セラミック)一覧です。

真っ白い歯 セラミック

Blog

真っ白い歯 セラミック

真っ白い歯にしたいとの男性の患者さんが来院されました。ホワイトニング(ブリーチング)では真っ白くできないのでジルコニアかセラミッククラウン(emax)かを被せるのですが、この患者さんはemaxを使用しました。
e-maxのブリーチング色の1番白いBL1を使用し、土台が黒いのでセメントは1番白いブリーチング色を使用しました。
深部に白さを持って来ないと自宅に戻って見た場合に、全然白くない、とがっかりすることがあるのです。

インゴットBL1単体にグレーズ(表面のツヤのこと)を多めに出し綺麗に見せましたが、よく見る変な白さではありません。

e-maxの1番白いブリーチング色BL1を出すためのインゴットは、
HO0、 MO0、  LT BL1,  HT  BL1  があります。

厚さが薄いので黒ずんで見えますが、左の2つは透明感がほとんどなく不自然な感じです。

このまま使えるのはLTとHTです。
この患者さんは真っ白い歯と言っても白すぎるのは嫌だとのことでしたのでHTの BL1を使用しました。

HTは LTより透明感があり、GACKTが HT, 清原が LT,かMOに近い感じがしますが、透明感がないのでジルコニアの可能性が強いです。

白い紙のように不自然に真っ白くするのであればMO 0にBLのエナメルかClearを盛るといいでしょう。やってみたいです。

先端部にブリーチングのエナメルを盛って透明感を出そうかと迷っていたのですが、患者さんと話し会って白いほうがいいとのことでHT BL1単体で仕上げました。セラミックを盛らないので手間は全然かかりません。

ここまで白さを強調しなくてもいい、もっと自然に、という場合は先端部分を透明感のある材料で置き換えると上品な感じに仕上がります。真っ白な歯と言っても茶碗(陶器)ように無機質的に白いだけというのと、白色オパールのようなエレガントな白さがありますが、色々な種類の陶材を用いることで微妙な違いを表現することが可能です。


 これはクラウンですが、ラミネートベニアという表面だけ貼り付けるやり方もあります。表面をほんの少しだけ削るのですが、裏側は自分の歯の色のままであり、十分な厚みがないと白色感が出ません。大体、これだけ白くしたいという完璧主義の人は見えないからといって、裏側が茶色である状態を受け入れません。歯科医はクラウンもベニアも同じような感覚でやっていますが、患者さんにとっては裏がどうなっているのかは、すごく大事なことです。ジルコニアの出始めの頃、裏がピンク色の真珠のようなのを嘆いている患者さんのことを知ってから、より患者さんの気持ちに敏感になりました。

一般的に被せ物はもっこりしてしまうのですが、その形がまた不自然な感じを与えてしまいます。

そこで、削る前の歯の型を取り、模型を作って参考にし、削る前の歯と同じ形にします。
治した白い前歯は削る前の自分の歯の形と全然変わっていません。この点に意識を集中して誇りを持って作っています。

28本全部、白くします。
こんな真っ白い歯も自分を強くアピールするためには有効だと思います。

未来に向かっての強い意思を感じさせ、魅力的に見えるのでは。

 

 

早川歯科 emax関連記事です。   

セラミック治療

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

監修者情報

早川 康明 早川歯科医院 院長

早川 康明 早川歯科医院 院長

東京歯科大学歯学部卒業し、その後1978年に早川歯科医院を開業する。
開業当初より入れ歯の治療および製作も手掛け実績を積み重ねている。今ではセラミックの詰め物被せ物も院長自身で制作を手掛けている。

投稿記事一覧