職人気質の院長が治療も作製も手がける早川歯科医院の目立たない入れ歯ブログ(入れ歯)一覧です。

目立たない入れ歯

Blog

 

目立たない入れ歯でノンクラスプデンチャーという入れ歯があります。

商品名でいくつかある、「・・・デンチャー」というものです。

 

 このように外からは入れ歯が入っているようには見えません。 

外して見るとこのようになっています。

 

金属の部分がありますが、この金属があることがミソです。

理想的には真ん中の部分を金属で薄く作るともっと違和感が少なくなり、これは最強の入れ歯と言えます。

一般的には金属を全然使わないで、下のようなものが多く作られています。

 

見た目はこちらの方がいいですね。

患者さんもこれなら金属が見えなくていい、と言うんですが、実は上の方がはるかに機能的には優れているんです。

このことを患者さんには説明するんですが納得してくれる方はもちろんいらっしゃいます。

たまに金属がない方がいい、と言う方もいるのですが、それは患者さんが決めることです。

このノンクラスプデンチャーは技工士さんの技術が要求され、入れ歯の経験の少ない技工士さんが作ると最悪の結果になってしまいます。きつめにしっかりと作ったものを歯科医が微調整して合わせるのですがゆるくしてしまったものは使い物になりません。この入れ歯を使用するには歯並びなどの適応症があり、あまり勧められ残っている歯が動いてしまう恐れがあります。ない歯の状態で入れてしまうと、入れ歯の出し入れ時に無理な力が働き

私自身は患者さんから入れ歯の相談があった場合に勧める入れ歯はこれ以外にも色々あります。

一番上の写真で、入れ歯の歯の隣の自分の歯はインプラントが入っていて 術後の経過がよくなかったのか、根元の部分が4mmぐらいネジが露出し ています。そこに入れ歯が入っていたら外れなくなってしまうのですが、 そういった特殊なケースでも経験豊富な技工士さんは、最良な入れ歯を作 ることができるのです。

いずれ、大臼歯にも保険でCAD,CAM冠が適応になるらしいと言われてい る時代に、入れ歯専門の技工士さんはいなくなってしまうかもしれません。 人と同じ考え方をしないところに経営のヒントがあると思うのですが。

 

投稿記事一覧