職人気質の院長が治療も作製も手がける早川歯科医院のしっかり噛む為の入れ歯は金属床ブログ(入れ歯)一覧です。

しっかり噛む為の入れ歯は金属床

Blog

 

下の部分入れ歯の形でよくあるのが前歯だけ残っていて、奥歯が欠損の入れ歯です。歯の中で最後まで残っているのがこのような下の前歯です。

この奥歯の部分の歯肉は何十年も経つとこのように骨が下がってきます。

 

歯肉が滑り台のようになっているため、噛み締めた時には入れ歯が後方にズレるような力が加わります。

それを防ぐにはバネを強固に作り、噛んだ時の力にビクともしないことが大事なことです。

これは金属床(きんぞくしょう)という入れ歯です。金属の部分はワンピースで出来ています。

ここまで骨が下がってしまうと難症例にあたり、この金属床の入れ歯以外には考えられません。

 

 

仮義歯を使いながら型をとるダイナミック印象という型取りですが、これは総入れ歯の型取りの方法です。粘膜の精密な型を取るのですが部分入れ歯でバネがかかる歯の型も一緒に取らなくてはならずテクニックを要します。

この患者さんはよく飲みに行く私の知り合いの方ですが、だいぶ前に上を金属床で作りました。

自分でもよく言っているのですが、歯にはあまりお金をかけないそうです。

奥さんは、あなたは歯にはお金をかけないわね と言っているそうですが今回はもっと早く下も金属床にすればよかったと思っているはずです。

なにしろ昔から、ツタヤで借りたDVDを見ながらスルメをかじっているそうですから。

 

投稿記事一覧